お風呂TVを買いました2010年02月10日 22:31

妻の入院

長年だましだまし使ってきた体の、検査入院、手術入院で、トータル2週間程度入院することが決まり、「病院でDVDを見たい」と言われたのが発端でした。

ポータブルDVDは数あれど、どうせならお風呂でも使えるのがいい、ということで、探してみるとほぼ一択しかありません。ツインバードの「DVD ZABADY」です。

類似シリーズは所持していました

実は、「ZABADY」シリーズ、お風呂で音楽を聴くために、防水スピーカーを買ったことがあります。

その時は、「MP3 128Kと64Kの差がわからないなー」と、音質的には今一つだったのですが、お風呂で使えると言うメリットは大きく、今でも愛用しています。

なので、「まあ大外しはないだろう」と買ってみました。一応、最新の型番である「VD-J716」です。楽天のお店で、約3万5千円でした。

使ってみて、気になるところ

動きはもっさりしていて、例えばDVD-RWを入れて認識するまで30秒くらいかかります。

本体だけでは、SDカードの動画再生が出来ません。(選択がリモコンからしか出来ない)

リモコンの効きもいまひとつ良くありません。

SDカードのディレクトリは、ANK文字しか表示できません。音楽再生はディレクトリ表示のままで面白くありません。

何より、電池のもちがカタログスペック通りで、DVD再生だと2時間ちょっとしか持ちません。

「お風呂でTV」を求める人には、お勧めできます

お風呂で、それなりの画質で動画を見れる、それも、CPRM対応で、地デジをDVD録画したものも見れると言うのは非常に便利です。

音質も、以前のZABADYよりは格段に良く、これなら十分使い物になると思いました。

でも、「病院でDVDには・・・」

妻の方ですが、DVDだけでなく、既存の色々な動画を持ち込むことになり、結局、いちいち変換してSDに転送するよりは、動画ファイルそのままで、PCで見てもらうことにしました。

監視カメラの制御用に使っていた、ノートPC(VAIO-TX)を持っていくことにしたのです。電池も倍くらい持ちますし。

なので、当初の目的には使わないのですが、買ってよかったと久しぶりに感じる一品です。

惜しむらくは、電池の持ちですね。せめて倍(4時間)もってくれれば・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://horiana.asablo.jp/blog/2010/02/10/4869893/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。