ほりあなの頚椎ヘルニアな日々(6) 少し良くなった?2009年10月04日 22:31

左腕の痺れが人差し指以外ほとんど消えている。キーボードが打てる。 背骨と肩甲骨下、肩は多少痛い。上を向くと首、左腕、肩の神経(筋肉?)の張りは大きいが、痛みはそれほど大きくならない。昨夜は、10秒くらいだけど仰向けになれた。

歯も痛くなってきたし、一か八か、久しぶりに歯医者を予約してみた。

今までを振り返ってみると、

  • 6月上旬に発症。
    • 6月下旬から7月下旬の1ヶ月は収まるも、7月末から再燃。
    • 8月中旬ごろが一番ひどく、1週間くらいはほとんど休まらない状況。
    • 8月末から最悪は脱し、9月からは痛み止めを飲まないように。
    • それ以降徐々に回復し、10月の今の状況。

このまま収まってくれるといいけど、神経モノは寒くなると悪くなるらしいし、まだ油断は出来ない。

結局、ここまでにやってきたことは:

  • ビタミンB12剤
    • (8月中旬から)葉酸
    • 首のストレッチ(気が付いた時に1分程度)
    • 通勤電車内の首カラー(1日1時間程度)
    • 週に1回の8kg牽引
    • 湿布(フェルビナク等)
    • ひどい時はロキソニン、置き針

ここまでの状態を考察してみると、

まず、痛くなってから痛みが一旦なくなって1ヶ月経過した、というのは、 まだ神経が傷ついていたのではなく、圧迫されていて痛んでいて、 圧迫の具合が良くなって(ずれて?)感じなくなった、ということではないかと。

この期間、もっときちんとストレッチをしていたら、軽く済んでいたのかもしれません。

その後の発症が一番痛く、こちらは神経を傷つけていたのだろうと思います。

当初から飲んでいたビタミン剤が奏効して、徐々に回復していったのですが、そこには2ヶ月かかりました。

ただ、全体でまだ4ヶ月、ヘルニアが引っ込んでいるわけではないので、無理をすると再発の危険もあるのかもしれず。

そう考えると、無理に歯医者に行かない方がいいような気もしてきました。

でも歯痛も再発しているんですよね・・・。

猫が糖尿病になってしまいました2009年10月20日 00:00

食欲の秋

我が家の猫が、この2-3週間くらい、急に食欲が出てきました。

「食欲の秋だねー」などと気楽に見ており、ネット通販でお気に入りのフードをまとめ買いしたりしていたのですが、急に水も良く飲むようになってきました。

調べてみると、水を良く飲むのは腎臓の病気や糖尿病が疑われるとのこと。

そこで、急いで病院に連れて行きました。

診断は・・・糖尿病でした

血糖値が高く、糖尿病とのこと。

最初の数日は、インシュリンを2単位打ったところで、血糖値が下がりすぎたこと、ならびにケトン体が+1で、入院して様子を見ました。

なんとかケトン体が出なくなったことで、自宅に戻りました。ただし、まだインシュリンの量は決められていないので、暫く通院が必要です。

猫の糖尿病は、結構大変らしい

糖尿病は、食事制限や、自宅で毎日インシュリン注射が必要だったりして、かなり大変なことが判りました。

注射が不要になるまで回復するのに時間がかかったり(年単位)、あるいは、一生必要な場合もあるようです。

時間的にも、費用的にも大変のようです。早速、最初の4日間で5万円ほどかかっております。

猫の方も、闘病記をアップします

私の体が少し落ち着いてきたら、今度は猫です。(T_T)

もっとも、発見が早く、体重減少はわずか(5.2kg⇒4.8kg)です。早期に直るかもしれません。

かけがえの無い家族ですから、なんとか回復させてやりたいです。費用とかも含めて、折々で報告させていただければと思います。

いつもの食べなれたえさを欲しがって鳴かれるのが、一番辛いです。今食べないと、明日の朝はまた絶食で検査なのに・・・。

猫の糖尿病日記(2) 薬量が決まりました2009年10月25日 22:11

発病して1週間

猫の場合も、人間と同じくインシュリンを注射することになります。多すぎると低血糖で危ないし、少ないと意味がない。

そこで、最初は量を決めるため、血糖値をこまめにチェックしていく必要があります。

前に書いたとおり、金曜日に病院へ連れて行き病気が判明、土曜日からの最初の3日間は、ケトン体の問題もあり入院していた(月曜日に帰ってきた)のですが、それからは日帰り入院で血糖値の推移を見ていました。

日帰り入院4日(火曜日~金曜日)で、インシュリンは朝晩1単位ずつに決まりました。次回の通院は間3日あけてから(火曜日)です。

膀胱炎?も併発

ストレスから?血尿と頻尿となってしまったのですが、それも薬で収まったようで、ほっとしています。

また、病院の食事はほとんど食べなかったため、「いつもの食事で様子を見ましょう」ということになりました。お気に入りのドライフードなら、やはりきちんと食べつくします。

今までかかっている費用

ざっくり、日帰り入院で1~1.5万円程度、最初の入院で5万円程度です。

ですので、発病1週間程度での費用は、およそ13万円程度となっています。(1週間分の自宅用の注射器や薬も含まれています)